関東学院高等学校の教育について

By addminz 1月 19th, 2016, under 未分類

関東学院高等学校の教育について

子供の進学を考える時には、子供の長所を伸ばしていける学校を選びたいと考える親が多いのではないかと思いますが、子供が有名大学への進学目指す場合には、やはり有名大学への実績がある高校に進むのが安心です。
横浜にある私立高等学校で、「関東学院高等学校」という学校があります。
この学校では東大などの国立大学の他、上智大学や早稲田大学など有名私立学校の合格者を多数出している進学校です。
高校2年生からは、大学受験に向けた勉強を始める等、進学校の特徴とも言えるカリキュラムとなっています。
大学受験にあたってはまず文系・理系のどちらに進むのかを決める必要があるのですが、関東学院高等学校では就職体験学習を実施しており、生徒は実際に興味のある仕事を体験することが出来ます。
このようなカリキュラムは私立高等学校ならではなのではないでしょうか。

関東学院高等学校のカリキュラム

お子様の進学を考える際には、進路に対する積極的なカリキュラムがある学校がおすすめです。

関東学院高等学校が人気の訳とは

By addminz 1月 19th, 2016, under 未分類

関東学院高等学校が人気の訳とは

横浜にある中高一貫の進学校として有名な関東学院高等学校をご存じでしょうか。
1884年に設立されている私立学校です。
男女共学の普通科のみの学校で、校訓は「be a man and serve the word(人になれ奉仕せよ)」です。
卒業後はほとんどの生徒が進学をする学校です。
2000年前後には東京大学合格者を出した事があるほど、勉学に精通した学校となっています。
勉学のみでなく部活動も盛んで、マーチングバンドとハンドベルが世界大会に出場しており、人気が高いようです。
著名な卒業生としては俳優の藤竜也さんがいらっしゃいます。
知的なイメージを持った俳優さんですが、関東学院高等学校の卒業生だったのですね。
私立学校では、イベントなども人気を左右する大事な要素となりますが、この学校の場合はキリスト教の記念日には礼拝と行事が行われます。
特にクリスマス前後には、クリスマスツリー点灯式やキャンドルライトサービスなど多彩な行事が開催され、人気となっています。

関東学院高等学校という学校をご存じですか?

私立高校に進学すると得られるメリットとして、公立高校には無い細やかな対応があるのではないでしょうか。
私の周囲にもお子さんを私立高校に進学させている親御さんがいますが、やはり学校側の子供一人ひとりに向き合う対応の良さに感謝の気持ちを持っている方が多いです。
公立高校は生徒全体を考えるのに対して、私立高校は生徒一人ひとりの意見や生き方を尊重する傾向にあると思います。
横浜にある「関東学院高等学校」は、地元で有名な私立の高等学校です。
この学校では1960年にカウンセリングセンターを設置しています。
これは日本のスクールカウンセリングの先駆けと言えます。
関東学院高等学校のカウンセリングセンターは教室棟とは別棟に配置されており、専門的な知識を持つ男女2人のカウンセラーが常駐しています。
驚きなのは、生徒の相談だけではなく、保護者の相談にものってくれるという点です。
やはり、生徒が抱える問題は生徒だけで解決するというのは難しい事なので、専門家のもとで家族で向き合える場所がある事は非常に大切な事だと思います。

気になる関東学院高校の偏差値

By addminz 12月 14th, 2015, under 未分類

関東学院高校は正式名称は「関東学院中学校高等学校」という名前だそうです。中高一貫校で、在学者のほとんどが中学受験を経て入学してきた生徒だそうです。

高校については募集はしているものの毎年10名程度しか募集はしていないとのこと。気になるのはその学歴ですが、偏差値は60前後といわれています。60前後というと立派な進学校ですよね。2015年のデータですが、中学校への志願者は1347名で、うち合格者は440名だそうです。倍率も2.3程度なので、人気のある学校といえます。系列の大学への進学者はあまり多くはなく、他大学をうける学生が多いようです。エスカレーションではなく受験勉強を行っていることから、将来に対する目的が明確な生徒が多そうですね。過去には某有名国立大学への合格者も排出したそうです。

関東学院高校の気になること

有名人も数名排出しており、中には大手企業の代表取締役社長になられた方もいます。中高一貫校はいくつかありますが、関東学院高校はその中でも中堅の進学校として数えられますね。

中野から引っ越しの際に不用品回収を利用し新居がスッキリ

By addminz 12月 2nd, 2015, under 未分類

中野から引っ越しの際に不用品回収を利用し新居がスッキリ

ご不用品の処分にお困りでしたら不用品回収に相談してみることをオススメします。
中野周辺でもリサイクル専門業者などが不用品回収サービスも行っている場合が多いです。
あなたにとってっは不用なものでも、回収や買取を行ってくれます。
買取してもらえたら邪魔なものを処分出来た上に、お金が稼げますのでとても助かります。
私も中野から引っ越す際に不用な物を買取ってもらったり、回収してもらいました。
不用品の回収料金も低価格で引き取ってくれるので、壊れたテレビや、使わなくなったパソコン、調子の悪かったエアコン等を処分しました。
回収に来た方の話を聞いているとゴミ屋敷みたいなところでも処分しに来てくれるそうです。
亡くなった方の遺品整理なども頼まれるそうで、大変そうで私には務まらない職業だと思いました。
来てもらうまではどんな方が来るのかと心配でしたが、気さくな力持ちといった感じの良い方が来てくれたので、お話しながらいろいろと要らないものをキレイさっぱりと処分できました。

不用品回収を依頼し中野に引っ越して来た当時のようなサッパリ感

仕事場が近いので中野に引っ越してきて約2年がたちました。
生活していくうえでいろんな買い物をしてしまい、最初は広かった1ルームマンションの部屋も手狭になってきました。
ほとんど使っていない健康器具や、新しく買い足したので使わなくなったパソコンなどが場所を取っています。
良いかなと思って買ったローボードも使い勝手が私にはイマイチだったので、邪魔で仕方がありません。
友達がリサイクルショップを良く利用するので私もこの邪魔なものたちを買取か回収してもらおうと、不用品回収を依頼しました。
健康器具はかなりダメージが有ったのでゴミとして回収してもらい、パソコンはまだ新しいのでそこそこの値段を付けてもらいました。
不用品回収費はパソコンの買取料金でまかなえたので、お金をもらっていらないものも処分出来て本当に助かりました。
中野に引っ越してきた当時のようなサッパリした部屋に大満足です。
やはり要らないものは溜め込んじゃいけませんね。
これからも不用品回収を活用していきたいと思います。

父が居た中野のアパートを不用品回収の方に片付けてもらいました

父が他界し父が住んでいた中野のゴミ屋敷寸前のアパートを引き払う事になりました。
ものが多すぎて何が何だか、どこから手を付けて良いのか分かりません。
貴重品や思い出の品だけは探し出しましたが、後に残った不用品の山を我が家に持って帰るわけにもいかず困りました。
少しずつゴミとして捨てるために、家から中野に通うのも大変です。
そこでネットで不用品回収のサービスを見つけたのでお願いしてみました。
不用品回収の方は2人で軽トラックに乗ってやってきました。
テキパキと不用品をまとめて軽トラックの荷台に詰め込んでいきます。
トラックがいっぱいになると、1人がそのトラックに乗って出かけて行き、また空っぽのトラックで帰ってきてくれました。
結局トラック2台いっぱいの不用品を回収してもらいました。
中野エリアの不用品回収サービス
不用品とはいえ、私がいざ捨てるとなると躊躇してしまい、作業が進まなかったことでしょう。
ためらわず素早い仕事で回収してくれたおかげで私の思いも少し整理できた気がします。

他のさく井に関しても知っておく

By addminz 12月 2nd, 2015, under 未分類

他のさく井に関しても知っておく

他にも作井にはいろんな方法があります。
圧縮した空気を送り込んで、先端の部分に取りつけてある掘削ビットをピストンのように駆動させることで生まれる打撃の力を利用して、地層をどんどん砕きながら掘っていく工法もあります。
それは「エアーハンマー工法」と呼ばれています。
空気を使って打ち付けるように行うさく井なので、この名前がピッタリですね。
掘っていくことと同時に、ケーシングを打ち込むことができるので、工事の期間を短くさせることができます。
さらに期間が短くなるということは、それだけ費用が安くなるということにも繋がります。
ですから早くさく井を終わらせたい人や、節約しながら工事を進めたい人にはとてもオススメな工法です。
地層の状態でこの工法が可能場合は、この方法を頼んでみるのも良いです。
主に小さな規模の井戸を掘りたい時や、非常に狭いスペースで作業を行うことになる掘削に向いています。
さらに掘削している時には水量を把握することもできます。

パーカッション工法と言うさく井とは

By addminz 12月 2nd, 2015, under 未分類

パーカッション工法と言うさく井とは

中にはパーカッション工法と呼ばれる種類のさく井もあります。
工事したい場所の地層の状態よっては、メジャーなさく井の方法よりもこちらを使用することもあるので、よく覚えておいてください。
これは他の機械に比べても重量のある掘削ビットを使うことになります。
ワイヤーロープの先端に機械を吊り下げて、 さらにロープを上下に動かすことで、地層を突きながら崩していきます。
すると効率良く地層を掘ることができるという仕組みになっています。
また、「ローピング式」という別名で呼ばれることもあるので、この名前も覚えておきましょう。
比較的に歴史の古いさく井で、昔からある企業では、昭和25年ほどから導入しているところもあります。
この方法は他の場所に比べて軟らかい地層を掘りたい時に向いている工法です。
他の工法では掘り進めることが困難な場所や、崩れてしまうのでとても危険性の多い砂層や、玉石層を掘っていきたい時に使われることが多いです。

さく井の方法を知っておこう

By addminz 12月 2nd, 2015, under 未分類

さく井の方法を知っておこう

井戸などを掘りたい時には「さく井」という方法がとられることが多いです。
それは「トリコンビット」と呼ばれる刃先と、地上に備えてある専用の機械を堀管でまずは連結させます。
その後刃先に大きな回転力を与えます。
ビットをぐるぐるとすばやく回転させることで、固くなった地層でも問題なく掘り起こすことができます。
地層を切ったり削ったりして破砕しながら掘り進める工事の方法です。
これは大きな井戸や深い井戸を掘りたい時に最も適している方法だと言えます。
さらに固まっていない積層からとても固くなった岩盤まで、どんな場合でも幅広く、様々な地層に対応しているので、多くのさく井ではこの方法をとられることになります。
さく井を企業にお願いする時には、その方法も自分でしっかりと覚えておきましょう。
さく井で便利にする
すると何か工事中にトラブルが発生しても、対応することができます。
工事中は何が起こるか分からないので、どんな場合でも的確な判断が自分でもできるようにしておきましょう。

納期が早い!ゲームイラスト制作で安心出来る企業

By addminz 11月 24th, 2015, under 未分類

納期が早い!ゲームイラスト制作で安心出来る企業

ゲームイラスト制作の会社って、作ってくれるイラストのクオリティや精度ももちろんの事ですが多数の仕事を同時に抱えて進行している会社が多いので納期をちょっとおざなりにしてしまっているところもあるのです…。

以前に依頼をかけたところがまさにそうで納期ギリギリの提出になったのであの時は本当に焦りました。

そういった事があり、その会社とは継続して委託をする事は無かったのですが今委託をしている会社は仕事も早いし、ビジネスのホウレンソウがしっかり出来ているのでゲームイラスト制作を任せている間も安心なのです。

キャラクターのイラストをお願いする事が多いのですが、技術的にも問題無いですし3Dを使った図面を起こす事も出来るらしいのです。

こんなに精度の高い会社なら、仕事が凄く多くて大変そうだと思うのですがその点に関してもプロなので納期を破ってしまうという事はありません。

来月にも背景を制作する仕事を委託する必要があるのでこのゲームイラスト制作会社へお願いする予定です。

3Dのゲームイラスト制作も出来る会社!

By addminz 11月 24th, 2015, under 未分類

3Dのゲームイラスト制作も出来る会社!

ゲームイラスト制作の会社って星の数程ありますが、特に最近は個人に毛が生えた程度の方が会社を設立している事もあるのでクオリティを重視するのであればその点を注意しながら探す必要があるのです。

そんな私が普段から判断基準にしているのが3Dのでゲームイラスト制作が出来るかどうかです。

3Dは2Dに比べ難易度が高く利用するシステムやツールの多いのです。

そういったものをしっかりと使いこなした上でキャラクターや背景を起こす事が出来るのであればある程度のクオリティがあると私は思っているのです。

今、制作を依頼している会社もそういった3D三面図制作を行っていてイラストのクオリティが高く最高のビジネスパートナーとして信頼しているのです。

この会社はキャラクターはもちろんですが背景やアイテムと細々したものの制作も可能ですし、イラスト関連については全て任せても問題無い程制作の幅が広いのです。

数少ない高いクオリティを保つ事が出来るゲームイラスト制作の会社を大切にしていきたいですね。

ゲームイラスト制作を委託してみました

By addminz 11月 24th, 2015, under 未分類

ゲームイラスト制作を委託してみました

我が社でスマートフォン用のソーシャルゲームを開発する事になりました!

エンジニアは既に揃っているのでシステムの構築やプログラムを組むに関しては今すぐにでも出来るのですが、実は問題が1つだけありました。

それは我が社にゲームイラスト制作をする部門が無いのです。

元々開発のみに携わっていたものだけを集めた会社なのでそういったデザイン系には疎くて…。

今から人員を集めるのも難しいので専門の企業へ委託を試みる事にしました。

ゲームイラスト制作と言うのはアプリの中でも特に重要なものなのでしっかりとした企業を見定めなければなりません。

チーム全体で探していたところ、Aからお勧めの制作企業があるといわれました。

その企業はキャラ制作はもちろん、背景やアイテム、そして3D図面からゲームイラスト制作をする事が出来ると掲載されていました。

ゲームイラスト制作の現場

実績もある様ですしこの企業であれば我が社の初アプリをお任せする事が出来ると思ったのです。

Aを経由して今、依頼をかけている状況です。