やはりマッサージは京都に限る、とアメリカ人はかく語りき

By addminz 8月 21st, 2015, under 未分類

やはりマッサージは京都に限る、とアメリカ人はかく語りき

清水寺、金閣寺、西本願寺。

日本の独特な歴史と文化に興味を持つ外国人を案内する場所として、京都は外すことができない名所です。

先日、アメリカからやってきた私の友人ジャック(仮名)と二人で、メイドインジャパンのカメラを片手に京都観光をしてきました。

中でもジャックは舞妓に興味があったらしく、街中で見かけては声をかけて走り回っていました。

そんな京都旅行の二日目の夜、ジャックは突然近くにマッサージ店が無いかと尋ねてきました。

どうも、舞妓や遊郭や芸子がごちゃごちゃに混じった謎知識を持っていたようで、舞妓と仲良くしたいからマッサージ店に行きたいと言ってきたのです。

いやいやそれは無いだろうと分かっていましたが、あえてからかってやろうと考えた私はホテル近場の店を携帯で調べて案内しました。

そしてホテルで待つこと数時間。

帰ってきたジャックは、舞妓には会えなかったものの日本のマッサージは何て素晴らしいんだと大興奮。

『目黒のさんま』ならぬ『京都のマッサージ』になってしまいましたが、ジャックが満足したのでまあこういうのもアリかなと思います。

参考にどうぞ。

京都への新婚旅行で疲れた足腰はマッサージ店で回復を

新婚旅行といえば海外というイメージが強いのですが、日本の城や寺マニアだった妻との新婚旅行は京都に行きました。

私はといえば、思えば修学旅行以来ずっと東北地方に籠っていたもので、十数年ぶりに久々に訪れた清水寺では不思議と懐かしさすら感じていました。

結局、それはそれでお互いに楽しい旅行だったのですが、一週間近くも毎日観光地を歩き回っていると旅行後半になるとすっかり足腰に疲労が溜まってきまして。

お互いに若くないねーなんて話しながら、結局京都でマッサージ店を探して足腰のマッサージを夫婦でしてもらう事にしました。

デスクワーク系の仕事をしていたせいですっかり鈍り、疲労が溜まりきっていた私の足が、揉みほぐされるたびに健康に戻っていく感覚は非常に心地よいものでした。

それから数日後に新婚旅行を終え東北地方へ帰った私たち夫婦でしたが、最後まで楽しめたのはあのマッサージのお蔭だったのではないかなと思っています。

もし今後もまた長距離旅行をする機会があれば、現地で一度は疲れ果てた体をマッサージで回復させるタイミングを持とうと思います。

京都に出張した時に知った、マッサージの良さ

先日、仕事の関係で京都まで出張にしてきた時の話です。

早朝から新幹線に乗り京都に向かい、バスを乗り継ぎ昼にお客様との打ち合わせ。

そして打ち合わせを終えて京都駅に戻ってくる頃にはもう夕方。

幸いにも翌日は土曜日で休日であり、会社に電話をしても自分に急ぎの用が溜まっている訳でもなかったので、たまの贅沢に思い切ってマッサージ店に寄ってから帰る事にしました。

店を探してウロウロしてみると案外あるもので、看板を見ながら何となく気になった店に入り、ゆっくりとマッサージを受けてみました。

幸い京都特有の一見様お断りシステムではなく普通の店で(当たり前ですが)、さほど待たずにマッサージを受けられたのがとてもラッキーでした。

日頃のデスクワークですっかり凝り固まってしまった肩や背中をほぐされていくうちに、すっかり気分は極楽浄土。

京都のマッサージ施術メニュー

店から出る頃にはすっかり気分もリフレッシュしました。

案外地元に籠っていると行かないものなのですが、今後はたまにマッサージに行くのも良いなと思う体験でした。

自然なかつらはどこにあるのだろう

By addminz 8月 20th, 2015, under 未分類

自然なかつらはどこにあるのだろう

小さい頃より、髪の毛が人と比べてあまりあるほうではありませんでした。

小さい頃はよくあることだから、そのうちみんなみたいに濃くなるよと言われても、いつまでたっても薄いままで、周りにはそんなに気にしていないという素振りを見せていましたし、周りから見れば確かに脱毛症というほどでもなく気にしなければいい程度の範囲だと思われていたのでしょうけども、実際は自分の中で長い間コンプレックスになっていました。

成人してもそのままの様子で、これは本当にどうしたものだろうかと悩んでいた所、世の中には同じような悩みを持っている人は少なくないようで、そういった先達から色々と教えてもらいました。

中でも効果的だというのが、いっそ開き直ってかつら、それも自然なかつらをつけるというものでした。

最初は話を聞いて抵抗があったものの、今では技術も進歩してとても自然なかつらがあり、自分に合うように調整してくれる企業もあるとのこと。

後々のことも考えて、かつらを作ってもらうことにしました。

結果から言えば、大満足です。

コンプレックスが無くなったとはいえませんが、少なくとも人目はあまり気にならなくなりました。

自然なかつらを求めて

By addminz 8月 20th, 2015, under 未分類

自然なかつらを求めて

かつらというものに対して、どこか遠いものだという考えがありました。

人並みに毛があり、また世間的にかつらというアイテムが何かこうギャグのようなそんな感じがしていて、まさか自分がつけるとはなんて思っていなかったのです。

しかし、今でも髪の事に関しては色んな企業や製品、サービスがあるのがわかるように、根本的に操作することが出来ず、また見た目に直接関わってくる所な為に注目も多いため、考えてみれば他人ごととして考えているのがおかしかったのかもしれません。

ある日抜け毛がひどくなり、それでも大した対策を講じなかったために、気がついたら初めて合う人にも髪が薄いという印象を与えてしまうほどに髪が薄くなってしまいました。

そんな時になって初めて、ああかつらがほしい、できれば自然なかつらが良い!

と心から思ったんです。

やはりこうして髪の事に色んな企業が力を入れているのも、それだけ切実なものが髪に対してあるんだなと痛感しました。

自分は運良く、自然なかつらに出会えたのですが、もし出会えていなかったらと思うと、怖くなってしまいますね。

ほしいのは自然なかつら

少し前から急に抜け毛がはげしくなり、体調不良やストレスでかなと思いつつも、何も対策を考え実行していなかった為に、気がつけば他の人からでもわかってしまうぐらいに髪が薄くなってしまったようです。

髪は長い友と言いますが、そんな自分にとっての古女房みたいなものだったからでしょうか、失ってから初めて分かる良さ、みたいなものを痛感しています。

しかし、くやんでもしかたがないのでいざ抜け毛対策や発毛法をやろうと思っても、その方法や製品が多岐にわたりいろいろとあるため、どれがいいのかわかりません。

とりあえずやってみようとしても、効果があるのはかなり時間がかかると言われ、それも困るなと思ってしまいました。

そこで人に聞いた所、かつらがいいと聞き、内心びっくりしつつ詳しく話を聞くと、今ではとても自然なかつらもあり、かつらだけではなくつけ毛や植毛といった方法で自然に髪を増やすことができる、との事でした。

自然なかつらがほしい

騙されたと思ってやってみたところ、自然なかつらに出会えて、今では手放せないです。

失ってしまったものは仕方がないので、これからのメンテナンスを大事にしたいですね。

家族団らんのレジャーとしてプールに行こう

By addminz 8月 20th, 2015, under 未分類

家族団らんのレジャーとしてプールに行こう

汗をダラダラと垂れ流しながら、ようやくたどり着いた場所は、まさしく夏の風物詩であるプールと相成った。

…ということで、わたしは田舎育ちなこともあって、小さい頃はどちらかというとさながらキャンプでもできそうなくらいにアウトドア、むしろ生き方がアウトドアだったこともあり、総じて川遊びが主体だった。

しかし、近年は災害につながる事案も多く、保護者としての意見は一様に「プール」の一点張りとなっている。

むろんだからといって100パーセント安全なのかといったら、当然放っておけばそういう危険に見舞われる可能性もあるので完璧とは言えないが、少なくともそんな監視すらもない川遊びよりは圧倒的に安全だと言える。

ついでだから、休みには家族そろって少し大きなプール施設へと足を運んでみる、というのも良いだろう。

スイミングスクールにでも通っていない限り、日常的に水遊びを堪能できるのはこんな時くらいのものだし、家族団らんの時間ついでに良いだろう。

夏の猛暑にプールで過ごしていた思い出たち

By addminz 8月 20th, 2015, under 未分類

夏の猛暑にプールで過ごしていた思い出たち

夏は猛暑との戦いであると同時に、さまざまな青春をはらんだ陽気に充てられやすい時期である。

わたしはそんな空気感を、ことさらプールに感じさせられてならないのだが、それこそ十代の夏の風物詩としてだけでなく、ちょっとした気晴らしや遊び場としてよく利用していた。

高校時代は学校のプールは改装のために閉鎖されていたことから、町営の温水プールで思う存分夏を満喫していたことを思い出す。

ちなみに、わたし自身は泳ぎはそんなに得意じゃなかったので、それこそ遊び程度の利用目的でしか訪れることはなかったが、田舎の施設だったこともあってか、利用する人そのものもそこまで多くもなく、かなり自由に満喫出来ていたことが印象深い。

あくまでも当時の記憶なので、今もそのような状態なのかどうかは地元を離れてすでにうん年たっているわたしにはわかる術もないが。

ともあれ、夏の陽気とうるさすぎる蝉の鳴き声に囲まれながら、施設への坂道を歩いた思い出は忘れられない。

夏のプールを救ってくれるインターネット

夏の風物詩といえば何と言ってもプールだと思うのは、きっとわたし個人の思い入れだけにとどまらない事の一つではないか?

と願ってやみませんが、誰かが異論を唱えるようであれば、そこに何かを挟もうとは思いません。

ともあれ、どうせなら、でっかくて比較的有名なところに遊びに行ってもいいんじょないか?

とかって理由でどこか良いところがないか探してみることにしました。

そういう時に俺たち私たちの最高のパートナーとして役立ってくれるのは、やっぱり何と言ってもインターネットでしょう。

プールに行こう

希望のキーワードを元にすれば、直ぐにでも目的の情報を手にできるんですから、やはり最高のツールだと言えます。

もちろん、プールの情報もあっという間に手に入れられますし、あとこれも意外に忘れがちなんですが、最寄りの駐車場の位置とかもすぐにわかりますし、さらに言えば、スマホであれば目的のプールまでカーナビゲーション機能ですんなりとたどり着くことにも繋がるでしょう。

中小企業診断士という資格と学校

By addminz 8月 11th, 2015, under 未分類

中小企業診断士という資格と学校

中小企業診断士という資格の名前を良く聞くようになった。

言葉から曖昧なイメージはわくのだけれど、実際にはどういう資格が何なのか分からない。

電車に乗る際に、良く中小企業診断士の資格をとる為の学校に関する広告を目にする。

私は会社への出勤のたびにいつも、何か資格を取得して今後の仕事や生活に役に立てて行きたいと考えている。

今後にとって有用な資格なのではと考え、中小企業診断士に関して調べてみる事にした。

まずはこの資格を持っているとどういった仕事が出来る様になるのだろう?

基本的には地方自治体であったり、商工会議所、大きな事を言えば、国による中小企業への経営支援の専門家として、また、民間のコンサルトタントといった二つの面があるようである。

その中で大きな役割を持つ仕事をするのに必要な資格が中小企業診断士のようだである。

細かい業務で言えば、経営指導、講演や教育訓練業務、診断業務、調査や研究業務、そして執筆業務が主に挙げられるようである。

コンサルタント業務に関しては、資格を持っている必要は無いが、やはり資格を持っている方が有利である事は間違いないだろう。

その為に学校に行く事を考えてみた

中小企業診断士の資格の取得の為に行く学校

中小企業診断士の資格を取得するにはどういったプロセスが必要なのだろうか?

その為には試験を通過し、更には実務の補習を受ける事が必要である。

(実務の補習に関しては、一定の基準を満たした状態での実務をする事で、可とする事も出来るようである。)。

では中小企業診断士の試験の内容はというと一次試験に関しては「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理(オペレーション・マネジメント)」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」 と7科目もあるというから、これは確実に通信教育でも、学校でも通う事が必要になって来る。

現在、中小企業診断士の資格をとるべく、学校についても調べ、その用意をしている所である。

余談ではあるが、中小企業診断士の資格は登録期間が5年と定められていて、更新の際には研修であったり、論文の審査であったりと、厳しい用件を満たし続けなければならない。

厳しいけれど、この資格は信頼があると強く感じた。

中小企業診断士になって出来る事と学校の意義

経営コンサルタントという職業ですら、稼げるイメージはあるけれど、どういった仕事ができるのかが曖昧だ。

中小企業診断士に関してはより、曖昧に考えてしまう。

私は調べて分かった事としては、この中小企業診断士という資格、そして診断士としての職業とは、自分でどれだけそこに価値を付けるかである。

資格を取る事自体で、もちろん、自身としての価値は大きくなるのだけれど、それだけに甘んじていたら、行けないとそう感じた。

この資格を取る中で勉強する事は、それこそ大学の授業以降深くは調べて来なかった事だけれど、仕事をする中でこういった知識を深め、アップデートして行く事は、確実に仕事に価値を付ける事が出来るのではないだろうか?

学校に行って学ぶという事も興奮する所はある。

MBAと同じく中小企業診断士という言葉にも、雲の上のような、一般的な私とは関係無いかな?

中小企業診断士になる為の学校

と思っていたが、これらは身近でいて、手を伸ばし勉強する事で大きな価値を発揮することだと思った。

そして、そういったなかではやはり張り合う同期というか仲間というか(?)がいるといいなと思うので、実際にでもネット上でも学校に通うのが一番近い方法なのかなと思ってる次第である。

テニスの試合を申し込む

By addminz 7月 28th, 2015, under 未分類

テニスの試合を申し込む

中学、高校、大学とずっとテニス部に所属していた私は、社会人になってからも続けていました。

運動することが好きですし、テニスをしているとストレス発散にもなって気持ち的に楽になるんですよね。

大学の時の友達と一緒に近くのコートで練習をしたりしているんですが、学生時代の時を思い出してしまってつい試合をしたくなってしまうんですよ。

しかし友達とずっとしていてもおもしろくないですし、もっといろんな人と試合をしたいと思うようになりました。

このドキドキ感がたまらなく好きで、適度に緊張した状態で身体を動かすと精神的にも鍛えることができます。

そしてインターネットで検索をしてみたところこちらのサイトがヒットし、私にはぴったりだと思いました。

さっそくいつも一緒に練習をしている友達にも報告をすると、その子も興味をしめしたので申し込んでみることにしました。

久しぶりでしたがそれなりに上手くできたと思っていますし、試合の刺激があった方が今後も楽しめると思います。

上達するためにテニスの試合をしました

大人になってからはじめたテニスですが、それにはまってしまっています。

もともと身体を動かすことが好きでしたし、学生の頃には陸上部に入っていたのでテニスをする機会がなかったんですよね。

最近では日本人のプレーヤーが世界で活躍していますし、それをテレビで見るようになってから自分もやってみたいと思うようになったんです。

ラケットをふるタイミングや角度などが結構難しくて苦戦してしまいましたが、この感覚に慣れてくるとスムーズにラリーを続けることができるのでもっと面白くなってきました。

できるようにならないとなんでも面白く感じませんからね。

それで初心者である私ですが、試合に出てみようと思いました。

それで得られることはきっとあると思いますし、対戦することで自分の得意としていることと苦手なことも分かると思ったんです。

そして見つけたのがこちらで、上達するためにもこの試合に参加させてもらうことにしました。

今後も練習と試合をして上手くなっていきたいです。

テニスの試合がおもしろい

私達夫婦は大学のテニスサークルで出会い、付き合うことになりました。

そして社会人になって3年が経った頃にプロポーズをされて結婚することになったんですよね。

とても嬉しいことでしたし、お互いに違う企業に務めていてこのまま共働きをしていくことにしました。

休日には今でも趣味であるテニスを続けていて、身体を動かしに行っています。

私達にとってそれがストレス発散にもなっていますし、自然と身体を鍛えていくことができています。

運動をすることは健康にもつながりますし、精神的にもいい影響をもたらしてくれると信じています。

ラリーをする練習だけでなく、こちらの試合にも参加させてもらっていて勝つことを目標にしています。

そうすることで普段の練習でも気合いが入り、目標があるのとないのとでは大きく違ってくるのです。

テニスの試合を申し込む

私はこのテニスの試合がおもしろくて好きで、勝っても負けてもいい気分で終わることができます。

これは30代になっても継続していきたいと思っています。

個人事業主には発送代行がおすすめ

By addminz 7月 28th, 2015, under 未分類

個人事業主には発送代行がおすすめ

発送代行とは、自社の業務を外部の業者に依頼することです。

法人の利用もありますが、個人事業主の利用も増えています。

最近、個人事業主が、増えた理由として、ネットオークションなどショップをもって、販売するケースが増えていることがあります。

大量の商品だけではなく、少量の商品の保管や発送・在庫管理をしてもらえるので、新たに、商品を保管する場所を契約しなくてよいことと、発送専門の人員を雇用するなど、人件費の抑制にもなります。

また、業者においては、最初に行った契約を途中で内容を見直したり、修正したりすることができるところもあります。

また、配送料も利用した分だけ請求されるところもあり、個人事業主などには、大変便利なシステムです。

運送会社と提携しているところは、配送料が安くなっている場合もあります。

梱包に使用する資材も、お手軽な価格で利用できる場合も多いです。

さまざま面でコストを抑えたい個人事業主に、発送代行はおすすめな方法です。

発送代行の発送方法を選ぶ

By addminz 7月 28th, 2015, under 未分類

発送代行の発送方法を選ぶ

イベントなどで、全国に商品や物品を発送したい場合、各地域の運送会社と提携している発送代行会社を利用することをおすすめします。

運送会社と業務提携をしている場合、大口割引が適用され、他の会社の配送料より安くなることが多いからです。

また、大型の物品も倉庫に保管・管理をしてもらえるので、保管場所の心配や管理の心配もせず、安心してイベントを行うことができます。

また、東京都内の会社中心で、人気の発送代行があります。

1日に1回だけ発送や早朝や深夜などの特定時間の発送の希望、発送期限があるなど、時間が限定される発送を希望される方向けに、軽貨物専門で発送代行を行っている会社があります。

イレギュラーな緊急配送にも対応してもらえ、価格も手軽なため、都心での会社同士の物流に大変便利なシステムです。

発送代行依頼する会社を選ぶ際には、お願いしたい商品や物品によって、最適な委託会社が異なるため、何に重点を置くか、考えてから探すことをおすすめします。

発送代行の会社選びに便利なサイト

発送代行に会社を探す場合、インターネットで検索すると数多くの情報が出てきて困ることがあります。

そんな時に、利用をおすすめしたいのが、一括見積サービスです。

依頼内容を入力して、業者を決めて、見積もり依頼をするだけで、複数の見積もりが無料で受け取れます。

会社を選ぶ際には、依頼内容を入力する時に、ジャンルや数量を入力することで、会社の候補がでてきます。

無料で短時間で見積もりを受け取ることができるので、まず検討しているだけの方にも気軽に利用することができます。

通常、サイトでは登録が必要な場合多いのですが、見積りサイトでは、登録をせずに見積り依頼をすることができる会社もあります。

今の時代発送代行がかかせない

見積りが気に入り、後で内容を修正して依頼したい場合でも、直接やりとりができるので安心です。

口コミが載っている場合も多いので、過去の実績と含めて、確認した上で依頼をすると、スムーズに希望の発送代行会社を選ぶことができると思います。